S Project~ソフトウェア実験室~

設定メニュー

OptiOpenXML 設定メニュー
設定に名前を付けて保存
現在の設定に名前を付けて保存します。
保存した設定は、ドロップダウンリストに追加され、再利用することができます。
既存の設定と同じ名前を付けると上書きされます。
設定の名前を変更
選択中の設定の名前を変更します。
選択中の設定を削除
現在の設定を削除します。
上へ移動/下へ移動
現在の設定を上下に移動し並び替えます。
組み込み設定の復元
OptiOpenXMLに予め組み込まれている設定を復元します。
ユーザが登録した設定はそのまま残ります。
デスクトップに最適化のショートカットを作成
デスクトップに最適化を実行する為のショートカットを作成します。
作成されたショートカットにOfficeファイルをドラッグ&ドロップすると、ファイルの最適化が即時に実行されます。
「送る」に最適化のショートカットを作成
ファイルのコンテキストメニューの「送る」に最適化を実行する為のショートカットを作成します。
その他の設定
その他の設定を行います。
設定できる項目は下記の通りです。
作業フォルダ
ファイルを最適化中に使用する作業フォルダを選択します。
未設定の場合は、Windows標準のTempフォルダを使用します。
作業フォルダにあるファイルは削除されます。空のフォルダを指定してください。

※OptiOpenXMLは、作業ファイルを多く作成します。システムドライブにSSDを使用している場合は、 作業フォルダに別ドライブを指定するとSSDの寿命を長くすることができます。
最大スレッド数
最大スレッド数の起動時の初期値を指定します。
OptiOpenXMLは、最大スレッド数まで並行して最適化の処理を行います。
スレッド数が多いほど最適化は早く終わりますが、他のアプリが遅くなる場合があります。
購入はぜひ、こちらから
↓ ↓ ↓