S Project~ソフトウェア実験室~

フォトフレーム機能

フォトフレーム
MMExでは画像をディスプレイ上の任意の位置に貼り付けることが出来ます。
フォトフレーム機能を使用するにはMMExの設定で、「壁紙の設定・フォトフレーム機能を使用する」が有効になっている必要があります。
MMExの設定

フォトフレームの追加

タスクトレイのMMExアイコンを右クリックして、「ファイルをフォトフレームとして追加」または「フォルダをフォトフレームとして追加」を選択します。
タスクトレイ
画像を表示したウィンドウを任意の位置にドラッグします。
フォトフレームの位置
位置が決まったらウィンドウを右クリックし、「この位置に設定」を選択します。


※送るやデスクトップ等にショートカットキーを登録しておくと、そのショートカットからもフォトフレームを登録することができます。 フォトフレームの位置
フォトフレームの位置

フォトフレームの移動

タスクトレイのMMExアイコンを右クリックして、「フォトフレームを選択」から画像ファイルを選択します。
タスクトレイ
フォトフレームの位置
画像を表示したウィンドウを任意の位置にドラッグします。
フォトフレームの位置
位置が決まったらウィンドウを右クリックし、「この位置に設定」を選択します。
移動した画像は一番手前に表示されます。画像の順番を変更したくない場合は「奥行きを変更せずに設定」を選択します。

フォトフレームの削除

フォトフレームの位置
フォトフレームの移動と同様に、画像ファイルを選択し、「この画像を除去」を選択します。

フォルダの指定

フォトフレームにフォルダを指定することで、フォルダ内のファイルのいずれかをその位置に表示することが出来ます。 (サブディレクトリの読み込みは行いません。)
フォトフレームに指定するフォルダには、BMP、JPEG、GIF、PNGとこれらの画像ファイルへのショートカットを置く事ができます。
フォトフレームのフォルダ
画像ファイルはMMEx起動時にランダムで変更されます。
また、MMExの設定で、「フォトフレームを一定時間毎に変更する。」を選択することで、一定時間毎フォトフレームを変更することが出来ます。

不透明度の設定

フォトフレームの不透明度
フォトフレームには不透明度を設定することが出来ます。
不透明度を設定した場合、壁紙や他のフォトフレームが透過されて表示されます。

奥行きの変更

フォトフレームの奥行きの変更
フォトフレームは奥行きを持っています。
これを変更するには、タスクトレイを右クリックし、「壁紙の設定」を選択します。
ダイアログの「フォトフレームの設定」のファイルを選択し、「前面へ」または「背面へ」ボタンを押して奥行きを変更します。