S Project~ソフトウェア実験室~

前の10スレッド 次の10スレッド 新規スレッド
AlterDnD Ver. 1.3.0を使っているとPDFを開くのが遅くなる
Thu Oct 27 00:31:02 UTC 2016    名前:かあ 削除
追記

ReaderではないAcrobatでは、下記開くのが遅い現象は
起きていませんでした。
(同じ端末にインストールしてあるReaderは開くの遅かったのにです。)
Thu Oct 27 00:28:48 UTC 2016    名前:かあ 削除
報告です。

Acrobatの環境設定
→セキュリティ(拡張)
 →サンドボックスによる保護
  →起動時に保護モードを有効にするをOFFにする

ことで、PDFを開くのが早くなりました。
上記はWin7_32bitでのみで起きる現象でした。

弊社での特有環境が原因、問題かもしれませんが、
同じことになった方がいらっしゃれば、ひとつの
回避策の情報共有として投稿させて頂きます。

Wed Sep 21 09:23:48 UTC 2016    名前:かあ 削除
しゅうさん。

返信遅くなり申し訳ございませんでした。
検証ありがとうございました。

ウィルス対策ソフトを無効にして試してみましたが改善されず。

なにかが悪さしてそうなのは間違いないのかなと思いますが
それが何かわかりません。

状況に応じて、有効・無効を切り替えて使ってみます。

Fri Sep 16 03:16:57 UTC 2016    名前:しゅう リンク 削除
何台かで試しましたが再現しません。
AlterDnDはドラッグ&ドロップにしか介入しないので、AlterDnDが原因とは考えづらいです。
考えられるとしたらウイルス対策ソフトぐらいです。
ウイルス対策ソフトを一時的にOFFにして試してください。
Wed Sep 14 02:23:21 UTC 2016    名前:かあ 削除
AlterDnD Ver. 1.3.0を使っているとPDFを開くのが遅くなります。

AlterDnD起動時はPDFが開くのに10秒 終了させると1秒もかからない。
ローカルにおいてあるPDFなので、ネットワーク等の影響はありません。

周りで数台トライしましたが、同じ状況です。
PDFはAcrobatXIとDCで試しました。


他の皆さんはいかがでしょうか?
また、AlterDnDの問題だとしたら、改善頂くことは可能ですか?
MMEx要望
Sat Oct 08 13:10:20 UTC 2016    名前:名無しさん 削除
申し訳ありません、要望用のものがあるのに気付かず新しく建ててしまいました
Multi Monitor Extensionでのカーソル移動制限なのですがトグル式の設定を追加出来ないでしょうか?
Wed Apr 15 09:18:30 UTC 2015    名前:しゅう メール リンク 削除
フォトフレームを削除するには、タスクトレイのアイコンを右クリックして
「フォトフレームを選択」から対象の画像を選択してください。
そうすると、画像がウインドウに表示され、動かせるようになりますので、そのウインドウ上で右クリックを押し、「この画像を除去」を選択してください。

また、壁紙・フォトフレームの機能をOFFにしても現在の壁紙はそのまま残ります。
Windows標準の機能で壁紙を再設定してください。
Tue Apr 14 14:23:38 UTC 2015    名前: 削除
こんばんは。項目が見当たらなくて困っています。
一度フォトフレームとして設定したフォルダを「フォトフレームの設定」欄から削除することは出来ますか?
またフォトフレームをオフにしても画面上で反映されません。
ご多忙のところ申し訳ありませんが回答頂ければ幸いです。
Sun Feb 01 03:33:08 UTC 2015    名前:しゅう メール リンク 削除
ご意見ありがとうございます。
最近あまり時間が取れないのですが、時間があれば検討します。

3はちょっと方向が違うような・・・
Thu Jan 29 09:08:22 UTC 2015    名前:小達 削除
素敵なソフト、非常に便利に使わせて頂いております!
横モニタ2台の間に縦モニタ1台という配置で、トリプルモニタでMMexを利用してる者です。

ホットキーの機能提案をさせてください・・!

■モニタサイズ2/3指定
マイナー要望かもしれないのですが、1/3の他に2/3サイズでも左右指定できると画面配置パターンに幅がでて嬉しいです。
例えば左に1/3サイズでドキュメント、右に2/3サイズでエディタを配置するなどです。

■マウスポインタの移動
標準機能の、アクティブウィンドウにマウスポインタが自動移動する機能を試したのですが、マウスポインタが消失した時に次のアクティブウィンドウを首と目で探す必要があり、結局ストレスはカイゼンされませんでした。多分、マウスポインタの位置を脳が把握しているので、コントロールを失った瞬間にストレスを感じるんだと思います。
そこで、ホットキーで自分の意識で指定のモニタの中心にマウスポインタを瞬間移動させるようにできたら、脳内コントロールを失わずに移動できるので、素敵な気がしました。

例えば、こんな使い方を想定しています。
右手はマウス持ったまま、左手で、

・Win+Ctrl+Z...モニタ1の中心にマウスポインタ移動
・Win+Ctrl+X...モニタ2の中心にマウスポインタ移動
・Win+Ctrl+C...モニタ3の中心にマウスポインタ移動

これで、マウスポインタの複数モニタ移動がストレスなくサクサクできるのではないでしょうか!
(ウィンドウドラッグ中にも移動できるとより便利かもですね!)

■アプリケーション起動
実はわたしはホットキー大好き人間でして、他にAutoHotkeyというアプリケーションが常駐していて、「Winキー+○○でソフト起動」という設定をいくつかしているのですが、できれば常駐ソフトは少ないほうがいいので、ちょっと方向性は違うと思うのですが、MMexで指定のホットキーで実行アプリケーションの指定ができたら、AutoHotkeyいらないなーと思いました。
他にも、指定するアプリケーションにスクリーンセーバプログラムとか指定すれば、ほらマルチモニター保護もできますし・・!


以上、ご検討いただけると幸いです・・!
Multi Monitor Extension カーソル移動制限
MMEx 質問:モニタからはみ出るアプリについて
Wed Aug 31 00:02:02 UTC 2016    名前:nakapon 削除
やはりxmplay、QMP等は特殊なんですね
winrarはちょっと意外でしたが対象外条件がいろいろあって大変そう
疑問がすっきりして安心しました
ありがとうございました
Tue Aug 30 10:53:37 UTC 2016    名前:しゅう リンク 削除
現状、下記のいずれにも該当しないウインドウは対象外としています。
・タイトルバーのあるもの
・システムメニュー(ウインドウ左上のアイコン)があるもの
・ウインドウ右上の縮小、最大、閉じるボタンのいずれかがあるもの

xmplay、Quintessential Media Playerがまさしくそうなのですが、
これらは独自で移動処理を行っているものが多い為、対象外としています。

WinRARの進捗ダイアログは、右クリックから解凍などを行った場合は制限できてると思います。
ダブルクリックで開いてから解凍した場合は子画面になるので、対象外です。


Tue Aug 30 00:05:34 UTC 2016    名前:nakapon 削除
2画面構成でMMExを使っています
便利なツールをありがとうございます
「ウインドウの移動・サイズ変更時にモニタからはみ出さないようにする」
にチェックを入れてますが、この制約を受けないアプリがいくつかあります

アプリの画面描画の仕方によってはそういうのがあるという認識で良いでしょうか?
当方で現時点わかっているのは
xmplay、Quintessential Media Player、winrarの進捗ダイアログです
xmplayとQMPはスキン対応なのでその変が理由なのだろうかと思うのですが
対応可能であればしていただければ幸いです
MMEx不具合報告
Mon Jun 20 11:35:11 UTC 2016    名前:しゅう リンク 削除
> ホットキーでウィンドウを移動する時に、タスクバーの表示を上か左に設定しているとタスクバーの幅分ウィンドウがずれます。

原因がわかりました、次のバージョンで修正する予定です。
Sat Jun 18 23:50:05 UTC 2016    名前:hawke メール 削除
ホットキーでウィンドウを移動する時に、タスクバーの表示を上か左に設定しているとタスクバーの幅分ウィンドウがずれます。

ずれる幅はタスクバーの幅と連動しているので、再配置する座標を計算するときにタスクバーの幅が加算されているような気がしますが...
Mon Jun 13 10:58:07 UTC 2016    名前:小達 削除
> 設定の「対象外のウインドウ」に登録することで対応をお願いします。

ご指示頂きました通り、設定の「対象外のウインドウ」に登録しようとしたのですが、起動中のPowerShellがウィンドウの選択肢に出てこないため、以下の実行ファイル名を直接設定して再起動したのですが、変わらず同様のエラーが出ております。
C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe

とりあえず諦めます(汗
ご返答ありがとうございました!
Sat Jun 11 09:15:29 UTC 2016    名前:しゅう 削除
MMEx Ver.3.4.1 でWindows 8以降で、壁紙の位置がずれる問題を修正しました。
Vectorが更新されるまでしばらくお待ちいただくか、GoogleDriveよりダウンロードしてください。
Sat Jun 11 06:03:31 UTC 2016    名前:しゅう リンク 削除
連絡が遅くなりました。

> インツール PowerShell を終了する際に必ず「Windows PowerShell は動作を停止しました」というOS側のエラーメッセージが表示されます。

相性の問題だと思われます。MMExの仕組み上、どうしても相性問題が発生することがあります。
設定の「対象外のウインドウ」に登録することで対応をお願いします。


> 複数のモニタに壁紙を設定すると 壁紙の順序が 1 3 2 の順に作られてしまう

確認しました。Windows10で座標の原点が変わった為のようです。
対応しますのでしばらくお待ちください。
しかし、Ver.2.0.5 で修正した問題がここで逆効果になるとは・・・
MMEx不具合(ホットキー)
Wed Jun 11 03:52:49 UTC 2014    名前:名無しさん 削除
最新版に更新後、問題は一切発生しなくなりました。
早急にご対応いただき、ありがとうございました。
Fri Jun 06 11:06:56 UTC 2014    名前:しゅう 削除
カーソル移動制限が効かなくなる件、
キー判定を一部前のバージョンに戻しました。
Ver 3.3.2(テスト用)です。

Multi Monitor Extensionページの「その他のバージョン(Google Drive)」から辿るか、下記のURLからダウンロードしてください。

https://googledrive.com/host/0B4oqxFzZ4uZHVHBjV1NCNVRBdDA/MMEx3.3.2(test).zip
Fri Jun 06 05:14:35 UTC 2014    名前:名無しさん 削除
改良ありがとうございます。
2日ほど使用してみましたが、今のところ発症していません。

ただ、新Verで別の問題が発生したように思います。
「モニター間のカーソル移動を制限する」ON
制限を解除するキー:SHIFT
で使用していますが、
1.アクティブなウィンドウが変わるとカーソル移動制限が効かなくなる
2.その際SHIFTキーを押して話すとカーソル移動制限が復活する
3.また1に戻る
という問題です。

よろしくお願い致します。
Mon Jun 02 03:08:22 UTC 2014    名前:しゅう メール リンク 削除
色々試しましたが、結局再現できていません。

ソース眺めて怪しそうなところを改良(?)してみました。
直っていないかもしれません。

また、その他、ホットキー関係のバグをいくつか修正しました。
Mon May 26 10:11:37 UTC 2014    名前:名無しさん 削除
3度ほど再現し、気づいたことをご報告します(この10日間ほどで3度なので、大した頻度ではありませんでした)。
・Windows起動後、一度もWin+→等を使用していない場合でも発症しました。
・毎回、文字入力の最中に突然発症しました。エクセル2010が2回、CADソフトが1回です。
 文字入力をしており、文字の修正をしようと←キーを押すと、Win+←ホットキーになる
 といった具合です。
・故意に発症させようとしても再現しない。

また、起動していソフトが漏れていましたので追加します。
・1by1player(音楽プレーヤー)
・TTclock(タスクバーカスタマイズ)
・MacType(フォント描画)

この程度の情報では特定が難しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。